西田幾多郞著『哲學槪論』 後記

後記

西田幾多郞先生が京都の大學で哲學槪論の講義をされた期間は、かなりに長い。

先生の日記を開いてみると、明治四十三年九月二十二日(木)のところに、「けふより始めて哲學槪論を講ず、」とあり、また昭和三年二月四日(土)のところには、「哲學槪論を終る、これにて義務講義は終了か。心身の輕きを覺ゆ。今後は全く一私人となつて唯〔だ〕吾思想の發展に從事、」とある。つまり先生は、明治の末年から昭和の初頭にかけ、殆ど二十年に亙つて、哲學槪論の講義を續けてこられたのである。ところが先生の「善の硏究」の出版は明治四十四年一月であり、また「働くものから見るものへ」の出版は昭和二年十月であるから、先生の哲學槪論の講義は、「善の硏究」の出版より數ヶ月早く始められて、「働くものから見るものへ」の出版より數ヶ月以後まで續けられた譯である。言ひ換へれば、先生の哲學槪論の講義は、まづ「善の硏究」に於ける純粹經驗の立場を以て始められ、次に「自覺に於ける直觀と反省」の自覺の立場を經て、終りに先生の最も獨創的な場所の立場――それは「働くものから見るものへ」以後に屬する、――にまで及ぶのである。

してみれば當然のことであるが、先生の哲學槪論の講義には、それに對應して三つの時期のものが區別され得る譯であり、事實、私が見ることを得た先生の講義の筆記のノートも、三つの時期に大別され得たのである。第一は、明治の末年から大正の初期にかけての純粹經驗の立場のもの、第二は、それに續く大正年間に於ける自覺の立場のもの、第三は、大正の末年から昭和の初頭にかけての、既に場所の立場が窺はれ得る時期のものである。そして私は、先生の講義の最も圓熟した頃の面影を傳へてゐるものとしてこの第三の時期の講義を選び、――もう少し正確に言へば、大正十五年及び昭和二年度の講義を標準として、――十册に餘る友人諸君のノートを、彼此考量して整理した結果が、この書である。その整理の經緯については、詳しくは西田幾多郞全集別卷四の後記に揭げた拙文を參照されたい。

尤も、先生の哲學に對して關心を寄せられる人は、先生の最初の純粹經驗の時代に於ける講義や、またそれに續く自覺の時代に於ける講義についても、その大體を知りたく思はれるであらう。ところが幸ひ、純粹經驗時代のものについては、恐らく明治四十三年頃のものと推定される先生の講義のための手控のノートが先生のお宅に保存されてあつた。その最も重要な部分をなるべく原型を保存しながら整理したものが、附錄第一、第二、第三である。その際、( )は、先生のノートにある先生自身の括弧、〔 〕は、先生のノート左頁にある註或は書込みを、私が適當と思はれる箇所に插入したもの、〈 〉は、私が假に與へた譯語である。なほ subj. obj. 等々、ノートに先生自身略語で記されてゐるものも、特に必要のない限り、主觀、客觀等の語に改めておいた。「善の硏究」は、最も多くの人々によつて讀まれるものであらうが、同書に於ける純粹經驗についての説明は、必らずしも理解し易いものではない。ところがこの附錄に載錄した先生の講義は、かなりに平明であり、また詳細である。「善の硏究」を讀まれる人々は、是非この部分を參照して頂きたい。そして附錄の第四は、大正十三年度の講義筆記の一部であり、最も明瞭に自覺の立場を示してゐるものである。從つて本書の本文と附錄とを丁寧に讀まれるなら、先生の最初の純粹經驗の立場、次の自覺の立場、更には晚年の場所の立場がそれぞれにどのやうなものであるか、また何故一つの立場から次の立場に深化されて來たかの理由も理解されるであらうし、しかもまたこのやうな立場の深化にも拘はらず、一貫して變らない先生の基礎經驗ともいふべきものがどのやうなものであるかも、自から了解されることであらう。かかる意味に於て、本書は先生自身の口を通じて語られた最も信賴さるべき西田哲學入門であると云はれてよいと思ふ。

このやうにしてこの書は、確かに一面に於ては、先生自身による先生の哲學への入門書とも解し得るのであるが、しかし先生の哲學槪論は本來、單に哲學專攻の學生のためにではなく、文學部の一般の學生のために講ぜられたものであり、それのみか先生の敎室には川上肇氏を始め、他學部に屬する敎授また學生、さては三高あたりの若い學生の顏すら見受けられた。恐らくさうしたことも自づと先生に反映してゐるのであらうが、この先生の槪論の講義は、第一に極めて平明である。先生の專門の哲學上の論文が、恐ろしく難解と云はれてもやむを得ないのに反して、この講義は、一讀されれば明かであるやうに、至つて平易である。意外な程に平明である。また第二に、この槪論の講義は、これまた意外なほどに客觀的である、公平である。先生は云ふまでもなく極めて獨創的な思想家である。ところがこの講義に於ては、先生は種々なる哲學上の立場に對して十分に批判的でありながら、しかもそれぞれの立場を正しく評價し、決して先生自身の主張を押しつけようなどとはしてゐられない。だから先生の場所の立場の如きも、かなり注意して讀まなければ、見落しかねない程に愼ましやかに語られてゐるに止まるのである。この客觀性も、恐らく多くの人にとつては意外な程であらう。しかもなほ第三に、この講義は現代に於ける種々なる哲學上の立場を、組織的に且つ周到に網羅してゐる。無論現在から見れば、キェルケゴールに始まる實存哲學に關する一節が附加されてあることが望ましいであらう。そして先生自身、キェルケゴールには深い關心を寄せてゐられた。しかしまだ實存哲學といふ言葉さへ現はれてゐなかつた當時にあつて、かかることを望むのは、望む方が無理といふべきであらう。だからもしこれら一二の點を補ひさへすれば、この講義は今でもやはり立派な、現代哲學への入門たる資格を備へてゐるのである。

直接に先生の講義を聽いた多くの人々の言葉がそれを裏づけてゐるやうに、先生の講義は、哲學することそのこと、思索することそのことを、身を以て示してゐられる底のものであつた。そしてそれは、靜かに敎壇の上を步まれながら、或る時は先生自身が冥想に耽り、また或る時は聽講者達と討論されてゐるかのやうな、先生の態度を通じて沁み出るものであつた。私のこの講義の整理は、もとよりかかる印象を傳へ得るものではない。しかしせめて先生の講義の内容をほぼ誤りなく復元し得てゐるならば、何よりの幸である。